屋根工事

こういう症状がでたらキケン信号

まずはセルフチェックで劣化状況の確認を

屋根の修理は早い段階で異常を察知できれば、簡単な補修工事で済みますが、
劣化が進んでしまうと大がかりな補修を行なわなくてはならなくなり、費用も時間もかかってしまいます。
下記で掲載しているような症状がでたらキケン信号ですので、大川原板金までお問い合わせください。

雨漏りする
色あせ・サビる
剥がれる・ひび割れる

屋根リフォームの必要性

屋根は紫外線や風雨などから快適な室内環境を守ってくれています。
身を盾にしてくれている分、劣化の早い場所でもありますので定期的なメンテナンスを行なうことで
屋根は長持ちしますが、それでもいつかは限界迎えて交換しなければなりません。
既存の屋根を葺き替える屋根リフォームを行なうことで、これからも快適な室内環境を守り続け住まいの寿命を延ばすことに繋がります。

大川原板金は

新潟市の大川原板金は金属屋根を中心とした屋根工事を地域密着で手掛けています。
金属屋根はリフォームに最適で、どんな形状の屋根においても対応できる施工性の高さが大きなメリット。
屋根の形状に応じた適切な工法を持って施工することで、長期に渡って使い続けることが可能です。

適切な屋根工事を

勾配がキツイ

勾配がキツイ屋根には金属屋根を横張りで施工します。屋根材が段差を形成するので、豪雪地帯である新潟県では雪止めの効果を発揮します。

勾配がユルイ

角度がない場所では雨水などが溜まりやすく、うまく排水を行なえません。そこで金属屋根を縦張りにすることよって雨水を排水しやすくする工法が用いられます。

屋根材勾配 勾配がキツイ 勾配がユルイ
×

取扱いメーカー

株式会社協和
セキノ興産

こんなことありませんか?

雪が隣の屋根に落ちてしまう… 軒下の安全を確保したい… 雪の重みで雨どいが壊れそう…>雪止めで対策をしましょう!

雪止めの必要性

雪止めは屋根に積もった雪がすべり落ちないように、軒近くのスレートなどの金属屋根材に取り付ける部材です。積もった雪が一気にすべり落ちると大量の雪に人が埋もれてしまう事故が起きたり、隣接する建物などを破壊し、トラブルになってしまったりと危険が伴います。豪雪地域である新潟県では必須と呼べる設備ですので、未設置の方は大川原板金までお問い合わせください。

雪止めの種類「金属屋根」

瓦棒葺き金属屋根への雪止めの設置は、アングルタイプの雪止め金具を使用します。縦ラインの突起にアングルを設置し、金属棒を横に渡すことで雪止めを行なう方法です。

横葺き

横の線を活かした屋根は意匠的に優れ、公共施設や、レジャー施設、住宅 にも幅広く採用されています。
横葺には大から小まで多くの寸法がありますので、用途、建物の規模によって選択できます。

立平葺き

雨仕舞や滑雪性がよいため、多雪地帯で多く使用されてきましやが、最近では意匠性を評価され、全国的に使われることが多くなっています。 曲面屋根にも対応できるので様々な建物に使用されてます。

シングル屋根

ガラス繊維基材にアスファルトを含浸させ、彩色砂を圧着して裁断したアスファルトシングル。
防水性能を確保しながら、あらゆる形状の屋根を彩ります。