雨どい工事

雨どい点検のタイミング

雨どいは思っている以上に大切です。

屋根に降り注いだ雨水を適切に排水する雨どいは、建物の寿命にも関わってくる大切な設備です。
劣化やゴミの詰まりなどを放置しているとさまざまな不具合が発生しはじめますので、
定期的に点検を行ない、異常を感じたら大川原板金までお問い合わせください。

5年経過

セルフチェックで雨どいの変形や割れがないか確認し、継ぎ目や金具にも異常がないか確認を行ないましょう。

10年経過

上記の点検方法や雨どいに落ち葉などが詰まっていないか確認しましょう。雨どい用の落葉ネットなども有効です。

15年経過

そろそろ何らかの不具合が出始めるころです。金具や接続部が外れていたりすると危険ですので、専門家に依頼しましょう。大川原板金は部分補修にも対応しています。

20年経過

補修だけでは限界がありますので、おおよそ20~25年が経過したら雨どいの交換時期です。その際は大川原板金にお問い合わせください。

交換時期です

雨どい工事の必要性

雨どいは普段あまり意識しませんが、屋根に降り注いだ雨水を集めて地上や排水溝に流す役割を持っています。
雨どいがないと、四方八方から雨水が滝のように流れてしまうだけでなく、軒天や外壁などにも雨水がつたわり、腐食の原因ともなってしまいます。
定期的にメンテナンスを行なうことで、そのようなトラブルを防ぐことができますので、
大川原板金では定期的な点検をオススメしています。

適切な雨どい材を

住まいとの調和を目指して

雨どいと一口にいってもサイズやカラー、デザインなどさまざまなものがあります。
大川原板金は入念な現地調査を行なったうえで最適な商品・価格・プランをご提案し、
住まいとの調和のとれた雨どいを施工いたします。

住宅用雨どい材

クリアール

概要

緩やかなR曲線を組み合わせた独特のデザインであるクリアールは美しいフォルムと耐久性に優れた雨どいです。

特長

クリアールはデザインだけでなく、高い排水能力と耐久性を持っているので機能面においても優れています。

トーヘン

概要

流れるようなラインがどんな住まいにもピッタリと合うトーヘンはコンパクトでリーズナブルな雨どいです。

特長

トーヘンは直線と曲線を併せ持つシャープな平行雨どいで、デザイン性やこだわりを出したい方にオススメです。

丸どい

概要

一般住宅に最も普及している雨どいが丸どいです。半円形のデザインはどの家にも違和感がなく合わせやすいです。

特長

カラーが豊富にあり、デザイン面でも予算面でもご満足いただけるはずです。

取扱いメーカー

電気化学工業株式会社

工事が終わるまでの流れ

お問い合わせ

当HPのお問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。
簡単にヒアリングを行ない、現地調査の日程を決めてお伺いさせていただきます。

現地調査・お打ち合わせ

施工予定現場にお伺いさせていただき、雨樋の状況や周辺環境などのデータをしっかりと採取します。その後、お客様とお打合せを行ないます。

プラン・お見積もり提出

お客様のご要望と現地調査の結果を踏まえてプラニングを行ない、それに伴うお見積り書も合わせて作成し、お客様にご提出いたします。

ご契約

プラン内容とお見積り内容にご納得いただけましたらご契約となります。
大川原板金はお問い合わせからお見積り提出までを無料で行なっていますので、お気軽にご利用ください。

工事開始

工事日程を調整後、着工いたします。
プラン内容に基づき正確に工事を進めて参りますので安心してお任せください。

工事終了

取り付けが終わりましたら、お客様にご確認いただきます。 OKをいただけましらら工事終了となりますが、雨の日に気付いた不具合などがありましたらすぐに対応いたしますのでご連絡ください。